キッズ・ラボラトリーってどうなの?口コミ、評判、料金などをまとめたよ

キッズラボラトリーの口コミ・評判やメリット・デメリットなどをまとめました

知育玩具って値段が高い!

おもちゃがどんどん増えていくから、部屋が片付かない・・・。

うちの子供は飽きっぽいから、おもちゃを買うのがもったいない。

 
こういった悩みって、おもちゃがレンタルできれば解決できますよね。

そこでオススメしたいのが、おもちゃのサブスク「キッズラボラトリー」(kids laboratory)。

木製の知育玩具を中心に、毎月定額で年齢に合ったおもちゃをレンタルしてくれる、レンタル業者さんです。
おもちゃのサブスクと表現したほうがピンとくる人もいるかもしれませんね。

そこで当サイトでは、キッズラボラトリーの口コミ・評判やメリット・デメリットをまとめてみました。

キッズラボラトリーの評判・口コミをチェック!

SNSの口コミ

おもちゃのサブスク、キッズラボラトリーの評判はどうなのかが気になるところ。

そこで、SNS(インスタグラム、ツイッター)でキッズラボラトリーの口コミを調べてみましたので、紹介していきます。

この投稿をInstagramで見る

最近なんとなくだけど新しいものがわかるようになってきた⁉️ 家にある見たことないものを見るとすぐに手を伸ばす🤚  そんな息子が目をキラキラさせるのが #レンタルおもちゃ 🤖 今回 @kids.laboratory さんからお声がけいただき おもちゃのサブスクリプションを体験させてもらうことに😊 しかも新しいサービスオープンのキャンペーンで 全て新品の綺麗なものが届いた😍  1ヶ月ごとに新しいおもちゃを体験できるらしく、 ちょうど目移りしやすくなってきたうちの子には ありがたい💕 しかも色んなおもちゃに囲まれるので 好き嫌いも分かりそうだし、刺激もたくさん✨✨  ハワイの毎日違う生活で 刺激を与えることの大事さを痛感したので たくさん色んなもので遊んでみてほしい😊 ***  #2019年8月生まれ #8月生まれ #8月生まれ男の子 #令和ベイビー #令和ベビー #育児日記 #育児記録 #育児アカウント #新米ママ #新米ママと繋がりたい #親バカ部 #赤ちゃんのいる暮らし #赤ちゃんのいる生活 #ママライフ #ママデビュー #ベビスタグラム #男の子ママ #男の子ベイビー #東京ママ #2019_summer_baby部 #pr #キッズラボラトリー #レンタルオモチャ #知育玩具 #おもちゃサブスクリプション

Miyo(@miyobabyboy)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

❥ . @kids.laboratory 様から新しいおもちゃが届きました☺ 前回のおもちゃが生後月齢に合わせてだったので、今回はおもちゃコンシェルジュに相談して修正月齢に合わせてもらいました! LINEでいつでもコンシェルジュに相談できるのがとっても便利✨ 届くおもちゃに関してだけでなく、遊び方や利用方法について分からないことがあった時も丁寧に回答してもらえます🥺 今月も存分に楽しく遊ばせていただきます♡ #キッズラボラトリー #レンタルおもちゃ #レンタルオモチャ #サブスク #知育玩具

𝑺𝒂𝒆𝒌𝒐 𝑻𝒐𝒌𝒖𝒄𝒉𝒊(@saeeeeeek)がシェアした投稿 -

【口コミのまとめ】SNSからわかるキッズラボラトリーの評判

紹介したSNSの口コミを整理すると、以下のように良い評価が多いのがわかります。

  • 1ヶ月毎に新しいおもちゃが体験できるのはありがたい
  • 色々なおもちゃに囲まれるから、刺激になるし子供の好き嫌いがわかりそう
  • LINEでいつでもコンシェルジュに相談できるのが便利
  • 遊び方や利用法がわからない時も丁寧に教えてくれる
  • 対象が4ヶ月~8歳と広い

また、悪い・良くないといった口コミは見つかりませんでした。

悪い口コミが出てこないのは、キッズラボラトリーが2020年1月から開始という新しいサービスだというのも関係しているかもしれません。
ですが、始まっていきなり不満・トラブルが出ているということではない、というのは1つの安心材料だと言えます。

ということで、口コミから判断できる範囲では、キッズラボラトリーの評判は良いということが言えますね。

キッズラボラトリーのデメリット

キッズラボラトリーにはどんなデメリットがあるのかを解説します
 
口コミでは、評判が良いというがわかりましたが、何ごとにも良い点・悪い点があるはず。
もちろん、キッズラボラトリーにもメリットだけではなく、デメリットが存在します。

ということで、キッズラボラトリーのメリット、デメリットについてまとめてみました。

まずはデメリットから紹介してきます。

月額費用が少し高い

キッズラボラトリーの毎月の値段、特におすすめプランの1ヶ月あたり3,980円という月額費用は、他のおもちゃのレンタル屋さんと企画すると高めの価格設定です。

たとえば、知育玩具を中心にレンタルをしてくれるトイサブは1ヶ月あたり3,340円。他のレンタルおもちゃの業者さんも含めて、値段だけで比較するとキッズ・ラボラトリーの値段はちょっと高めに感じるかもしれません。

ただし、トイサブのおもちゃの交換サイクルは隔月です。
キッズラボラトリーは月額3,980円のおすすめプランの交換サイクルは毎月なので、条件の違いがあります。

また、キッズラボラトリーにはお試しプランという隔月のコースもあります。

お試しプランの値段は、月額2,340円。
受け取り時には送料1,000円と合わせて3,340円ですから、同じ隔月であれば料金は同等だったりします。

キッズラボラトリーとトイサブの比較表を作ってみましたので、参考にしてください。

サービス名 キッズラボラトリー トイサブ
(おすすめプラン) (お試しプラン)
月額料金
(税別)
3,980円 2,340円 3,340円
送料 受取:1,000円(税別)
返却:無料
無料
交換サイクル 毎月 隔月 隔月
主なおもちゃ 国内外の木製玩具が中心 海外製のプラスチック製品のおもちゃが多い
対象年齢/月齢 4ヶ月~8歳 3ヶ月~4歳未満
取り扱いのない
おもちゃへの対応
要望に応じて可能な範囲で対応 キャラクター玩具など対象おおもちゃは対応不可
返却タイミング 次のおもちゃが届いたら返却
常に手元におもちゃがある
返却後、次のおもちゃが来る
(手元におもちゃがな期間が出てくる)

 
 
また、キッズ・ラボラトリーで1回あたりにレンタルできるおもちゃの総額は15,000円が目安です。
決してコスパが悪いわけとは言えません。

安かろう、悪かろうというケースも十分に考えられます。
だから、このくらいの価格差なら、値段だけではなくおもちゃやサービスの内容も含めて、利用するレンタル業者を決めたいですね。

受取りには送料がかかる

キッズ・ラボラトリーからおもちゃが送られる時(受取り時)には、1,000円の送料が発生します。

ただし、自宅からおもちゃを返す際の送料はかかりません(着払いで送ることができます)。

受け取りの送料が1,000円ってちょっと高いと感じるかもしれませんか?
実は、私も最初はそう感じました。

他のレンタルおもちゃサービスでは送料なし(基本料金に含まれている)というところもありますから、比較してしまうとなおさらです。

ですが、我が家は自分でおもちゃを買いに行く時に交通費だと割り切ることにしています。

もちろん、今のおもちゃを続けて借りる場合は。送られてくるおもちゃがないので、送料は発生しません。

送料については、必ずしも毎月かかるものではない、という点も理解しておきたい点です。

お風呂や外で遊ぶおもちゃのレンタルはできない

キッズラボラトリーが扱うおもちゃは室内用のものに限られます

ですから、お風呂やプール、公園など外で遊ぶおもちゃは、レンタルできません。

水や砂場で遊ぶおもちゃは壊れやすいものも多いですから、レンタルの扱いがないのは仕方がないのかも・・・。

どうしても、お風呂や公園などで遊ぶおもちゃをレンタルしたいという場合は、キッズラボラトリー以外の業者さんを検討することになります。

-----

ということで、キッズラボラトリーのデメリットとしては、料金・費用と借りられるおもちゃの種類があります。

とはいえ、メリットもしっかりありますので、この後紹介していきますね。

キッズラボラトリーのメリット

キッズラボラトリーのメリットを紹介します

対象年齢が0歳から8歳までと幅広い

キッズ・ラボラトリーは、対象年齢層が0歳8歳までを対象としています。

8歳までというのは、かなり幅広い年齢を対象としているんですよ。

例えば、知育玩具のレンタルで知名度が高いトイサブは3歳までが対象です。
かなり違いがありますよね。

■キッズラボラトリーとトイサブの比較表に戻る

年齢が上がると、プログラミングを意識したおもちゃとか。知育玩具も高度になって1つ1つの価格も上がってくる傾向があります。

そう考えると、料金設定は一定のままで対象年齢が幅広いというのは、大きな特徴であり、メリットの1つだと言えます。

プロがお子さんに合ったおもちゃを選んでくれる

キッズ・ラボラトリーに申し込むと、担当の知育玩具コンシェルジュが付いてくれます。

お子さんの性格や、どんなおもちゃに興味を示した・示さなかった、といった情報を伝えたり、あなたの希望を伝えることで、レンタルしてくれるおもちゃをプロが選んでくれます

子供も一人ひとり性格や好みが違いますから、機械的に○歳△ヶ月の子用といった感じで、決まったおもちゃが来るのとは大きな差ですよね。

連絡方法も複数ある

知育玩具コンシェルジュとの相談・連絡方法は、以下の通り複数用意されています。

  • LINE
  • メール
  • WEB(お問合せページ)

好みに応じて選べるのがありがたいところ。

パソコン苦手、スマホ持ってない、人も大丈夫ですね。

知育玩具以外のおもちゃも応相談

キッズラボラトリーは、知育玩具以外のおもちゃも可能な範囲で相談にのってくれるそうです。

だから、トミカプラレールといった人気の定番のおもちゃや、アンパンマン・プリキュア・仮面ライダーなどのキャラクター玩具もレンタルに応じてくれるケースがあるんです。

もちろん、お願いしても対応しきれないもの、つまりレンタルできないものもありますので、必ず用意してもらえるものではありません。

でも、用意しているおもちゃ以外は対象外としている業者さんもある中、柔軟に対応してくれるというのは、キッズ・ラボラトリーの大きなメリットだと言えますよね。

リクエストは知育玩具コンシェルジュに伝えればOKですよ!

レンタル期限がないからお気に入りのおもちゃは返却不要!

レンタルだと気になってしまうのが、返却期限。
せっかくのお気に入りのおもちゃを、期限が来たから返さなければならないのでは?って心配になりませんか?

その点は、キッズ・ラボラトリーなら問題ありあません。
というのも、借りたおもちゃの返却期限はないんです。

だから、返したくないおもちゃは、キッズ・ラボラトリーを退会するまでずっと家に置いておこともできるというわけです。

遊ばなくなったおもちゃ、興味を示さなかったおもちゃだけ返却すればOK!
だから、お気に入りのはそのまま家に残して、遊ぶことができるという仕組みになっていまいす。

買い取り制度もある

さらに、気に入ったおもちゃについては、そのおもちゃをキッズ・ラボラトリーから購入できるという買い取り制度もあります。

価格の目安は、市場価格の半額!(定価の半額ではなく、市場価格から半額が目安なんです)

改めて買うより割安ですし、飽きずに遊んでくれるおもちゃだけ、手元に残すことができるので、親にも子供にもうれしいサービスですね。

次が届いたら返却なので「常におもちゃが手元にある」

キッズ・ラボラトリーで借りたおもちゃを返却するタイミングは「次の新しいおもちゃが届いてから」です。

だから、次のおもちゃが届くまでは、それまで借りているおもちゃがあるので、おもちゃがいつもあるというわけですよね。

実は、これって結構大事なポイントなんですよ。

というのは、他のレンタル業者さんでは、返すおもちゃが届かないと次のおもちゃを送ってくれないところがあるんです。
この場合、返却から到着までの期間はレンタルのおもちゃがないというレンタルの空白期間できてしまうんですよ。

ですが、次のおもちゃが届いてから返却すれば良いキッズ・ラボラトリーの場合は、そのようなおもちゃが手元にない空白期間はありません

利用者の立場・都合を優先してくれているのが伝わりますね。

レンタルおもちゃのサブスク!キッズ・ラボラトリーの料金設定

キッズ・ラボラトリーの料金設定は定額制プランが2種類あります

定額制プランが2種類

キッズラボラトリーは毎月(または隔月)定額で知育玩具を始めとしたおもちゃを借りることができる、おもちゃのサブスク(サブスクリプション)。
つまり、定額のレンタル尾おもちゃサービスです。

そこで気になる料金プランについて見ていきましょう。

キッズラボラトリーの料金プランは以下の2通りです。

  • おすすめプラン:月額3,980円
  • お試しプラン :月額2,340円

お試しプランなら1日あたりの価格は78円から、おすすめプランでも132円という価格設定です。

おすすめプランとお試しプランの違い

1,640円の価格差があるおすすめプランとお試しプランは、おもちゃの数や交換できるサイクルなどに違いがあります。

大きな違いは以下の3つです。

  • おすすめプランは有名ブランドのおもちゃがレンタルの対象だけど、お試しブランだと対象外で借りられない
  • おもちゃの交換サイクルもおすすめプランは毎月、お試しプランだと隔月(2ヶ月に1回)
  • 借りることのできるおもちゃの数の目安が、おすすめプランが5~7個で、お試しプランが4~6個

表に整理すると、こうなります。

キッズラボラトリーの2つのプランの比較表

ちなみに、月齢の低い小さなお子さんは飽きやすい傾向があります。

ですから、お試しプランの60日という交換サイクルは物足りないと感じるかもしれません。

また、気に入ったおもちゃは無期限で借りられますから、4~6点という数ではが足りなくなって交換できない、新しいおもちゃが借りられないってことも起きるかもしれません。

値段だけではなく、お子さんの性格や普段の遊び方によってプランを決めることをオススメしますよ。

キッズラボラトリーについての疑問・質問

キッズラボラトリーについてのよくある質問・疑問についてお答えします

衛生面は大丈夫?

レンタルおもちゃだと、衛生面を心配する人がいるかもしれませんね。

新品ではなく他の家庭で使った中古のおもちゃ・知育玩具が届くケースがあるのは、レンタル等仕組み上、どうしても仕方がないところ。

もちろん、キッズラボラトリーのおもちゃは、洗浄・殺菌されたうえで、レンタルされます。

キッズラボラトリーの説明では、返却されたおもちゃは、高温スチームと、哺乳瓶洗浄用の洗剤でメンテナンスしているということです。
実際のメンテナンスの様子が以下の動画で紹介されています。

これなら雑菌・ばい菌の問題はなさそうですね。

また、どうしても落とせないキズや汚れは、レンタルする前に連絡してくれるそうです。

それでも衛生面が気になる、他の子が遊んでいたおもちゃはイヤ、という人は残念ながらレンタルには向かないかもしれません。

プランを途中で変更できるの?

おすすめプラン(月額3,980円)、お試しプラン(月額2,980円)と2つのプランがあるキッズラボラトリー。

利用期間中に、もう一方のプランに変更できるのかという点が気になったので、確認したところ「自由にプラン変更が可能」ということでした。

こういうサービスって上位(値段が高い)ほうには変更できるけど、その逆はできないってこともあるんですが、キッズラボラトリーはそのような制約もありません。

状況に合わせて、おすすめプランからお試しプラン、その逆のお試しプランからおすすめプランというように変えることができます。

しばらく利用して、もう一方のプランのほうが合っていそうだとか、成長して遊び方が変わったりとか、あなたの都合に合わせてプランを変更することができるんです。

プランの変更は、会員用のマイページまたは担当の知育玩具コンシェルジュさんに伝えることで手続きをすることができます。

おもちゃを壊してしまった、汚してしまった場合は?

レンタルというのは、自分のものではないですから、壊してしまった/汚してしまったという時にどうなるのかも気になるところ。
また、細かい部品をなくしてしまうとくケースも考えられますね。

キッズラボラトリーの場合は、日常使い範囲によるキズ・汚れの保証が料金プランの中に含まれています
だから、普通の汚れ・キズは、心配しないで遊ぶことができるんです。

壊した、部品をなくした(紛失した)とう場合については、パーツ代や修理代の補填を都度相談することになります。

また、破損・紛失に備えとして、紛失安心サービスが月額1,000円で用意されています。
この紛失安心サービスに入っておけば、壊した・なくしたとうことがあっても、補填の必要はありません

安心してお子さんを遊ばせておくためにも、安心料として紛失安心サービスに入っておくのもよいですね、

どんなおおちゃが送られてくるの?

キッズ・ラボラトリーのおもちゃは、国内外の木製の知育玩具が中心です。

温かみのある木製の知育玩具を中心に遊ばせたいという考えがあるなら、キッズラボラトリーを選ぶがおすすめでです。

比較対象として紹介すると、トイサブはプラスチック製の海外玩具が中心です。小さいころからアルファベットになじませたいということであれは、トイサブも良いと思います。

また、キッズ・ラボラトリーの担当の知育玩具コンシェルジュさんに相談すれば、その時点で取扱いのないおもちゃも検討をしてくれるとのことです。(必ず対応してもらえるというものではないです)
わがまま/迷惑にならない程度に、遠慮なく相談しちゃいましょう。